『現代不良少女伝 猪の鹿お蝶』その4(“INOSHIKA OCHOU”pt.4)

新星社「漫画OK」1968(昭和43)年5月9日号より連載。全24回。
It serializes from Shinseisha “comics OK” May 9, 1968 (Showa 43) issue. All the 24 times.

右の胸と二の腕に蝶の刺青、
It is the tattoo of a butterfly to a right breast and upper arm,

左の二の腕に花札の猪・鹿・蝶の刺青をいれた鉄火な姐御「猪の鹿お蝶」。
(”Inoshika ochou” of termagant which put the tattoo of the wild boar, the deer, and the butterfly of a flower card into the left upper arm.

善人の味方というよりは、過ちを犯した小心者の小悪党を助けるあたりが凡天節。
(Rather than calling it a good person’s ally, The place which helps the crook of the coward who committed the fault is a Bonten taste. )

根っからの悪党は即処刑。
(A dyed-in-the-wool villain executes immediately. )

連載時はサブタイトルが「現代不良少女伝」でしたが、
(Although the subtitle at the time of a series was a “present age delinquent girl intermediary”, )

後の総集編では「現代女侠一代」に変更されています。
(It has been changed into “one generation of present age female yakuza” in next collection editing. )

以下は、『猪の鹿お蝶』連載時の柱に書かれたアオリ文です。
(The following is the sales message written at the time of a “Inoshika ochou” series. )

・街のヤクザを相手に一歩も退かぬイキな姐さん「猪の鹿お蝶」大活躍!
(Cool elder sister “Inoshika ochou” large activity which does not take a step back against Yakuza of a town.)

・お前たち生きてたってロクなことしない、妾が地獄へ送ってやる
(Even if you are alive, you do not do a good thing,I send to hell!)

・悪を見ると二の腕の「刺青」が怒る 女一匹渡り鳥「猪の鹿お蝶」
(If wrong is seen, a “tattoo” of the upper arm will get angry. One woman wanderer”Inoshika ochou”.)

・そのやわ肌に猪、鹿、蝶もアヤな刺青!男勝りの鉄火姉御
(The tattoo with the wild boar, the deer, and the butterfly cool to frail skin! Manly termagant.)

・お色気たっぷりの「猪の鹿お蝶」の姉御だが親分どもはカタなしだ
(Bosses cannot compete with “a sex appeal of Inoshika ochou” full.)

・度胸もよけりゃ女もいい!女となめる親分衆を煙に巻くお蝶!
(It is brave and feminine charm is also full! Ochou which bewilders the bosses of female contempt! )

・大の男を向こうにまわし威勢のいい啖呵を切る「猪の鹿お蝶」
(A stand is taken against a grown man and「Inoshika ochou」makes a sharp retort.)

・窮地におちいると惜し気もなくその豊艶な肉体で男を殺すお蝶
(Ochou which will kill a man with the glamorous body unsparingly if it falls into a plight.)

・女もいいが度胸もいい ほんに猪の鹿お蝶の姉御には負けたよ
(It is brave and feminine charm is also full!It gives up on Inoshika ochou. )

以上、くどくど解説するよりも作品の雰囲気が伝わると思います。
(As mentioned above, I think that the atmosphere of a work is transmitted rather than giving long description. )

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中