混血児リカ 閲覧数50000突破!!

公開から383日。
昨日チェックした時は、まだ超えてなかったので、おそらく本日突破したものと思われます。
rika_50000

梵天事務所の統括である加藤弘氏の「梵天太郎の名を現代に少しでも広めたい」という思いと、Jコミの差別的な表現などがあっても「作家の望む形で公開したい」、「なるべく当時のままで公開したい」と いう方針によって実現した無料公開。
加藤氏の広めたいという思いを尊重し成人指定ではなく、一般公開できたのもJコミの力に他なりません。

クライアントへの配慮で広告非表示で完全なる無料公開だったところを、赤松氏の計らいで、マネタイズできるように第1回JコミFANディングにもラインナップされるなど、この30年間の沈黙から一気に花開いたように思います。

当会もファンサークルとして、混血児リカ書籍化の思いも大きかったのですが、2000ページを超える膨大な作品を有志だけでは力及ばず、二の足を踏んでいただけに、この公開の意味は大きく、会の活動をリカ以外の凡天作品の発掘作業へとシフトするきっかけとなりました。

その結果、2012年には怪奇篇、不良少女篇、そして梵天太郎自身の資料となる『梵天、かく語りき。』の3冊を世に出すことができたのです。

これからもリカで梵天太郎を知った人たちに、1つでも多く知られざる作品を届ける事ができればと思っています。夏には週刊少年ジャンプで連載した「ブラックプロファイター タケル」を予定しています。こちらも、楽しみにお待ちください。

当会のリカ関連エントリーをまとめておきます。

JコミFANディングで『混血児リカ』を知った方に
1年前まで「混血児リカ」が全話読めるという状況は考えられなかった pt.1
1年前まで『混血児リカ』が全話読めるという状況は考えられなかった pt.2

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中