2014年 春 フランスで凡天太郎の劇画単行本出版が決定

2014年春にフランスの出版社LE LEZARD NOIR  http://www.lezardnoir.com/
から、凡天太郎の劇画単行本が出版されることになりました。

宇田川岳夫氏と共に作品のセレクト及び構成で参加しています。
オフィシャルでは、12月ごろからプロモーションが始まるようです。

ここに一つの成果が結実するわけで、何とも感慨深いものがあります。

梵天事務所の統括である加藤氏の「梵天太郎を現代に広めたい」という思いから、
2012年の春に『混血児リカ』がJコミで無料公開がスタートして1年と5ヶ月。

その間に凡天劇画会でも、3冊の劇画作品集と1冊の読み物を製作。
劇画会の活動を開始してまだ2年ほどですが、ハイペースに活動を続けてきたせいか、
もっと長く活動しているような気分です。

ninkyo03

http://ameblo.jp/tbonten/entry-11618002164.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中