凡天太郎 劇画作品集「SEX & FURY」ついにフランスで発売!

_MG_0000
これまでもアナウンスしてきた凡天太郎の劇画作品集「SEX & FURY」が、
フランスの出版社Le Lézard Noirから刊行となりました!
http://www.lezardnoir.com/portfolio/sex-fury/

95%が初収録作品で、凡天劇画会の刊行物との収録作品で被るのは怪奇篇の「蛆」のみ。
特に現代和彫の基礎を築いた革命児としての本領である刺青を題材にした作品たちがまとめられることは今回が初。凡天劇画の集大成とも言える1冊です!!

そして驚くべきはこのボリュームA5サイズ 448P!
収録は全5部構成で、第1部はには監督:鈴木則文、主演:池玲子で映画化された「猪の鹿お蝶」(海外公開時のタイトルが「SEX&FURY」)、「女刺青師ルリ」など刺青とやくざを題材とした作品、第2部は日本的土着とゴシックホラーの入り混じる怪奇作品たち、第3部は戦争の不条理、第4部は三島由紀夫の割腹自殺など世相を反映した作品、第5部は扉絵集。巻頭にはフリンジカルチャー研究家 宇田川岳夫氏によるテクストと資料集。

定価29 €(1ユーロ:141.885563 円 2014.5.08現在)ですが、
日本ではまんだらけが取り扱いを予定しており、販売価格は3300円+税を予定しているとのこと。
現在船便で輸送中のため約1ヶ月後になりそうとのことです。待ち遠しいですね!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中