5/3中野で開催される資料性博覧会09で新刊初売り!

凡天劇画会の新刊は、凡天プロに在籍していた作家たちを紹介していく新シリーズ
「番外地劇画傑作集」の第1弾!
IMG_9989
番外地劇画傑作集その一/名保木 勝『豚に育てられた児』

発行:凡天劇画会
2016年5月3日初版発行
A5サイズ 64P
600円+税(即売会価格400円)

名保木勝は、本名である小山秀彦という筆名で貸本作家として活躍した後、凡天太郎プロダクションに所属。アシスタントと併行して、「漫画OK」(新星社)などに作品を発表。凡天太郎が編集長を務めた劇画雑誌「ブラックエース」(淡路書房)に掲載された「その夜のこと」、「豚に育てられた児」、「樹陰の嫉妬」と、「盲目物語」全四話を収録。
IMG_0003
この番外地劇画傑作集が世に出ることで、凡天太郎作品を取り巻く状況が浮き彫りとなり、作品だけに留まらないダーティな世界観がより一層際立つことになるでしょう。
凡天太郎劇画作品集の副読本とも言えるこのシリーズの第2弾も製作進行中。
IMG_9996
書店委託も現在お伺いを立てているところです。

会場でお待ちしています!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中