フランスで 『彫清・番外地演歌/凡天太郎の魅力』がCD化!

1972年にキャニオンレコードから発売された『彫清・番外地演歌/凡天太郎の魅力』が、
『SEX&FURY』を出版したフランスLe Lézard Noirから発売されました。
LPのタイトルに使用されている番外地演歌という言葉は、当会の提唱する「番外地劇画」の語源となっています。
horikiyo (1)

horikiyo

収録内容は

収録曲

1 網走番外地 – La Prison d’Abashiri 3:46
2 関東流れもの – Le Vagabond Du Kantô 2:27
3 ネンショ数え歌(熊本県人吉少年院) – Le Comptine de Nensho 2:59
4 与太者節 (La Chanson du Voyou) 2:05
5 兵隊節 (La Chanson Du Soldat) 2:15
6 悔恨の唄(一二八四ブルース) – (Le Chant Du Repentir (Blues 1284)) 3:00
7 八九三小唄 – (La Ballade Du Yakuza) 2:51
8 スウチャン節 – (La Chanson De Su-Chan) 2:35
9 ズンドコ節 – (Zundoko Bushi) 2:11
10 夢は夜開く (Les Rêves Fleurissent La Nuit) 3:21
11 十七号エレジー (Elegie N°17) 3:07
12 ダンチョネ節 (Danchoné Bushi) 2:14

曲名見ていただければわかる通り、ガチの極道演歌です。
日本での販売店舗は未確認なので、直販ページへリンクしておきます。
http://shop.lezardnoir.com/fr/cd/383-horikiyo.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中