昭和のアヴァンギャルド・凡天太郎『ズベ公・チンピラ・タトゥー展』in 原宿は3/26まで

新宿「ビームス ジャパン」4階 にて大好評をいただいた凡天太郎展が会期延長を経て、原宿に巡回中です!

会期:2019年 3月15日(金)~26日(火)
会場:トーキョー カルチャート by ビームス(原宿)
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目24−7 3F

会場の入り口はお店に入ったら右に、こんな階段が見えるのでこれを登ります。
エレベーターなどはありませんので、ご注意ください。

ちなみに2階フロアからだと、こんな入り口!

これを3階まで登ると、

代々木忠監督のオフィスに飾られていた慈母観音が登場!さらに進むと、

漫画パックの表紙原画がお出迎え!これらも販売物です。

会場内の表紙のサイズと比べると意外と大きいことがわかります。

そして、会場に到着!

今回の目玉であるブラックエース閲覧コーナーは、入って奥の方に!
国会図書館や国内の所蔵機関には蔵書のない劇画雑誌の極北が全10冊中7冊も原宿に降臨!

(只見にある『青虫』には創刊号のみ所蔵との情報!さすが青虫!!)

その近くにあるジョージコックスと凡天太郎コラボのラバーソールが目を惹きます!
残念ながら事務所所蔵の非売品です。復刻してほしいですね。

そして初展示となるこの写真!

山本寛斎のロンドンからの凱旋となった「寛斎イン東京」でランウェイを歩く凡天太郎!トークショーではその関係性も事務所統括の加藤氏から語られました。

机には販売物、新宿では用意できなかったナギサプロ『夜のハレンチ野郎』も10冊確保できたので納品しました!

『おんな刺青師ルリ』と『番外地劇画 凡天太郎の魅力』、凡天太郎アシスタントの名保木勝『豚に育てられた児』は委託店舗の店頭在庫のみ。

あと『おんな刺青師ルリ』手ぬぐいもあります!

原宿での開催に合わせた新作も用意しています!!
まずポストカードセット『劇画雑誌セレクションpt1』6枚セット(800円+税)です!

『現代不良少女伝』6枚セット、『現代刺青傑作展』8枚セットも僅少(各800円+税)

そして刺青コーチジャケットの原宿限定カラーのカーキはXLのみ展開。会期も短いので少量しか作ってません(8500円+税)。

新宿で売り切れていた刺青コーチジャケットのXLサイズも補充完了(8500円+税)

バックプリントも特大かつハイクオリティーですので、ぜひ手に取ってご覧ください。

ブラック♠Ace(ブラックエース)パーカーは新宿ではなかったXXLも展開、混血児リカ「最初の家出」ロンTも追加生産がかかったようです!それぞれ店頭にはワンサイズしか出ていないので、スタッフにお声掛けしてみてください。

こんな感じで盛り沢山なので、21日春分の日~週末にかけての連休にのぞいてみてくださいね!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中