エキシビションとクラウドファンディング

半年ぶりの展示です。

梵天太郎exhibition<BONTEN TARO IS MONSTER>
2020年6月6日(土)~6月14日(日) 13:00~20:00
開催場所:MAT
東京都渋谷区神宮前5-49-5 RハウスB1F

来場できない方もネットプリントやSNSで楽しんでいただけるようにしますので、サポートいただけると幸いです。

 

そして同日6月6日0:00からスタートするもう一つの企画がこちら

「伝説の刺青師が残した幻の映画デジタル化プロジェクト/凡天太郎『刺青』ノーカット版4Kリマスター!」

と題したクラウドファンディングをMotion Galleryでスタートします。

プロジェクトページは開始までご覧になることはできませんが、リターン詳細は次の通り…

お礼状

凡天太郎の相棒だった事務所統轄の加藤弘よりお礼の言葉に、凡天太郎が実際に使用していた落款を押したものとなります。

 

凡天太郎「と刺青」フォトブック+OP劇伴データ付

 

凡天太郎が怪奇マンガ×刺青というコンセプトで立ち上げた雑誌「ブラックエース」に掲載されたサイケデリックな刺青グラビア+凡天太郎のプライベートフォトをA5サイズ40Pの小冊子にまとめました。その特異な世界観をお楽しみください。さらにフォトブックには予告動画で使用されている1:30秒のOP劇伴がダウンロードできるアドレスとパスワードがついています。デジタル化作業で取り出した音源からオープニング部分のみを切り出しでWAV化したデータをダウンロードしてお楽しみください。スマートレターでの発送となります。※フォトブックはMAT会場で販売するものを増補した別デザインのものを新規で製作いたします。

 

ブルーレイソフト『刺青』

クラウドファンディングのリターンを目的とした贈呈品としてブルーレイ(非売品)を支援者のリターンとして必要な枚数製作します。封入特典は公開時の復刻ポスター(A3サイズ)、裏面に凡天劇画会による解説と資料を掲載。海外向け予告と記されたロール缶など未公開と思われる映像も含まれているためブルーレイにはそれらもすべて特典映像化の予定です。ジャケットのデザインはHIGH-BURN VIDEOに依頼しました。スマートレターでの発送となります。

 

『刺青』Tシャツ(植地毅デザイン)


クラウドファンディングのリターンのみ。一般販売しないエクスクルーシヴなデザインです。ボディはプリントスターを使用。サイズはS~XLとなります。

 

スクリーン上映権


一日だけ劇場で上映できる権利です。東京近郊に限り(※ご相談ください)上映会場ロビーに凡天太郎の直筆画をディスプレイいたします。また凡天太郎関連作などと併せて企画上映などされる際には解説の執筆や上映作のセレクト、関係者の登壇などご相談にのります!4Kデジタル化はスクリーンで上映してこそそのポテンシャルが発揮されます!支援者としてお名前(または劇場名)をブルーレイにクレジットします。※劇場やイベント主催者向けのリターンです。

クラウドファンディングは6月26日終了予定!

映画と展示の両面から凡天太郎を楽しめる絶好の機会をお見逃しなく!

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中