C82無事終わりました

会場まで、足を運んでいただいた皆様ありがとうございました。

『凡天太郎劇画作品集 怪奇篇』、たくさんの方に手にとっていただき本当に感謝しております。『~怪奇篇』の感想などお聞かせいただけると嬉しいです。

委託がはじまっている店舗は、

タコシェ http://taco.shop-pro.jp/

まんだらけ http://www.mandarake.co.jp/zin/shiryou/

随時、更新していきます。

 

C83は、『不良少女編』で参加予定!当選できますように!!

 

広告

見本刷

今日、印刷会社から見本刷が届きました。
原稿の修正中は、実際に印刷されるとどんな感じになるのか不安でしたが、思った以上の仕上がり!!

雑誌からでも、そこそこのクオリティで皆様にお届けできることを確信した次第です。

これは表紙と見返しです。こちらもバッチリ!お楽しみに

怪奇篇、入校しました

昼頃に、印刷会社の方にデータを渡しました。

コミックマーケットでは無事新刊を頒布することができそうです!!

凡天太郎劇画作品集は雑誌を元版に使用しています。
なので下段に広告や目次が入っているところは、何らかの修正を施さねばなりません。
空欄のままというのも味気ないので、凡天太郎に関する豆知識や薀蓄を掲載する『凡天豆百科』というコーナーを作りました。

画像はナビゲーターの「サタンユーモアくん」と「宇宙妖怪アルナ」のお二人。もちろん©凡天プロ。
『まんがはじめて物語』のお姉さんとモグタンみたいなものです。

怪奇篇では『凡天豆百科<演歌篇>』と題して凡天太郎のリリースした8トラの世界を、お二人に案内してもらいました。
凡天自身の作品だけでなく、北島三郎と安藤昇の名曲たちを凡天太郎が構成したMIXCD的なレアソフトまで取り上げています。
こちらもお楽しみに!!

怪奇篇の進行状況!

原稿の修正は終わっってインデザインで各ページに原稿を貼りこみまでできたので、第1関門は突破かなー。

画像みたいにちょっと文字が薄いところがあるので、話によっては写植やらなきゃいけない。部分的にやるとカッコ悪いから全部やることになるかも、そしたら結構大変だ。がんばります。

コミケ当選しました。

コミックマーケット82 3日目
8月12日 東地区S42a

初のコミケ参加。
もちろん新刊を準備中です。

凡天太郎作品が現代に解き放たれるきっかけとなった『混血児リカ』(http://www.j-comi.jp/book/comic/42441)は、いわば凡天劇画世界の導入部。
今回、当サークルでは、凡天太郎蘇生計画第2フェーズとして、もうひとつの作風である怪奇作品を取り上げ1冊の短編集を製作します。

収録作品は、
『怪異への旅』双葉社「別冊漫画ストーリー」1969年2月1日号
『禁断の果実』初出不明(SND出版「エロスカG」再録)
『蛆』芸文社「コミックVAN」1968年
『河童』芸文社「漫画パック」1968年12月号
『鱗』凡天社「ブラックエース」1970年5月号
『屍の声』双葉社「別冊漫画ストーリー」1968年7月6日号
の6作品。すべて初単行本化です。

悪党にも善人にも、不幸は平等に訪れる。

生きる意思があろうが無かろうが、死ぬときは死ぬ。

予科練から任侠道へと生死の境を掻い潜る生活の中で育まれた超倫理ともいうべき死生観。

戦後の紙芝居から昭和30年代前半の絵物語を通過した凡天太郎本来の画力が発揮された作品群です。

装丁は植地毅氏&メチクロ氏。
特に裏表紙。凡天太郎の怪奇作品をECコミックで解釈した感覚は流石!!

鋭意製作中です。お楽しみに!!