女刺青師ルリ~燃える肌~( Female tattoo artist RURI~Burning skin~)

『混血児リカ』が連載した芸能情報誌「週刊明星」で発表された長編劇画作品です。
It is the full-length play drawing announced with the entertainments informational magazine “weekly Myojo” which “Halfbreed Rika” serialized.

凡天太郎は「週刊明星」に、1968年『美しき復讐』1969年『女刺青師ルリ~燃える肌~』1969~73年『混血児リカ』と6年間休まずに連載しました。
“weekly Myojo”, 1968 “beautiful revenge”,1969 “Female tattoo artist RURI ~Burning skin~”,1969~73″Halfbreed Rika” it was serialized, without resting for six years with.

まだ日本が刺青=ヤクザというイメージの強かった1960年代末期に、女性の彫師が主人公の漫画を商業媒体で連載する。これは凡天太郎だからこそできた事です。
yet,”the tattoo = yakuza”in the The last stage of the 1960s, when the worthless image was strong in Japan, a female tatoo artist hero’s comics by The weekly magazine of a major publishing house .It is Bonten Taro, therefore were able to do.

その作品の中でも凡天劇画会一押しのシーンがこちら!
A scene highly recommended by a BONTENGEKIGAKAI is also in the work here!


awesome!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中